出産の時の話1

1470844583493かれこれ子供を産んで四ヶ月と半が過ぎようとしています。

ほんとあっという間ですね!

予定日きっかり生まれてくるだろうと私は予想していましたが、本当に予定日に生まれてきました。不思議です。

 

病院では、子供が下まで降りてきていないから、一生懸命運動してくださいとのこと。予定日の一週間前のことでした。

白血球の数値が少しずつ落ちてきて、早く生まれてこないと、輸血をしなくてはならないので、予定日を過ぎるようであれば、誘導分娩をするとのことで、その日もあらかじめ予約していたのでした。

しかし…

予定日の前日、布団で休んでいると、陣痛らしきお腹の痛みが、45分間隔ほどで訪れ、うーん、これは怪しい、間隔がせばまってきたら、いよいよ本番だなと感じていたらやはり。

朝に近づくにつれ、少しずつ間隔がせばまっていきました。

家族は皆仕事に出かけ、家で一人…

昼間には、陣痛の間隔は20分程度まで狭まりました。

病院に電話をすると、

陣痛はなくなることもあるから、まだ様子をみてくださいとのこと。

明らかに、規則的に陣痛きとるし、15分おきまでせばまって来たら病院に行きなさいってサイトで調べたんだけどー!

と思いながら、不安な気持ちのまま、過ごしていると、通っている教会の教会長ご夫妻が、不安な気持ちのままいるよりは、病院にいってみたらと、車で連れていってくれました!

その道中、間隔は15分まで狭まりました!

おっ、これは!

そのまま家に帰れないかもしれない!そう思いましたが、

診察室で、中を覗いてみると、いや、まだ赤ちゃんおりてきていないから、このまま家に帰ってくださいとのこと。

えーっ!!

信じられないような思いで、帰り際マックに立ち寄りハンバーガーを食べました。

食べながらも、しっかり15分おきには陣痛が来ています。

クォーターパウンダーはですね、日本で先行発売されたときはとても人気でTシャツまででたんですよ、あいてててててて

と日本を離れてもはや25年を過ぎた、教会長夫婦へ、クォーターパウンダーの説明をしながらも、

陣痛がくると、うずくまって、痛みが通り過ぎるのを待ちます。

マックから、駐車場までの道中にも、

道端で、あたたたたたた

うずくまって痛みに耐える私。

家に帰って色々準備せなな!

忘れ物したら大変だ。と冷静になる自分がいました。

2につづく…